毛孔性苔癬、毛孔性角化症の治療法

毛孔性苔癬(毛孔性角化症)って・・・?

二の腕のブツブツ、背中のブツブツ、その他にふとももやふくらはぎ。
これらの箇所に出来るブツブツは決して「ニキビ」だけではありません。

 

毛孔性苔癬 (もうこうせいたいせん)

毛孔性角化症 (もうこうせいかくかしょう)

 

というれっきとした病気のことも多いようです。※呼び方が二つあるだけで症状は一緒です。

病名の知名度は低いかもしれませんが、それほど珍しい病気でもありません。

ただ、思春期の方に多い病気で、こういうブツブツってどうしても気になりますよね?

しっかりとした治療をすれば治る確率も高いので、当サイトで原因や対策をいろいろとご紹介していきますね。

私、毛孔性苔癬(毛孔性角化症)・・・なの?

毛孔性苔癬(毛孔性角化症)と言う病気に関してはまだまだわかってないことも多いです。

ただ、

    診察風景
  • 二の腕や太ももの外側、背中、お尻などの箇所に発生している
  • 上記の箇所にぶつぶつが出来て、その周辺に赤みがある
  • かゆみを伴うことがまれにあるが、痛みなどはない
  • 家族に毛孔性苔癬(毛孔性角化症)の方がいる
  • アトピー性皮膚炎である
  • 肥満体質である
  • 年齢が10代〜30代までである

などが毛孔性苔癬(毛孔性角化症)の特徴として挙げられます。

「ニキビか毛孔性苔癬(毛孔性角化症)のどっちがかわらない」とお悩みの方で、上記の項目の内、 3つ以上に該当するようなら一度診察を受けて見ることをお奨めします。

※「上記にあまり該当しなかったが大人ニキビを改善したい!」と言う方は、大人ニキビ専門の医院、 相澤皮膚科相澤皮膚科 のサイトを一度ご覧になると良いと思います。


一般的には、毛包が詰まって丘疹(きゅうしん=いわゆるブツブツのことです)ができ、皮膚がザラザラで鳥肌のようになって乾燥します。 丘疹(きゅうしん)は小さい吹き出もののように見えることもあります。丘疹(きゅうしん)ができても痛みやかゆみはないことが多いようです。

丘疹が最もできやすいのは「二の腕」、「ふともも」、「お尻」です。顔にも突然できることがあり、特に子供に多くみられます。 季節的には、寒い季節にできやすく、夏に消える傾向があります。

毛孔性苔癬(毛孔性角化症)の原因って何?

まず一番気になるこの毛孔性苔癬(毛孔性角化症)の原因。

それはズバリ「古い角質」。

開いた毛穴に「角栓」と呼ばれる古い角質がつまり、毛穴の下で細胞が異常反応を起こしている状態です。

年を経るごとに自然治癒していくことが多いとは言え、あまりに放っておくと、 硬くなった古い角質は洗顔や美容液では取り除けないため、ずっと肌に残り続けてしまいます。

後、そもそもの原因としては遺伝で発症するとされ、家族内発生も多くみられます。というのも、 ホルモン代謝異常、脂腺機能異常、ビタミンA代謝異常などが関与している可能性が指摘されています。

また、尋常性魚鱗癬(ぎょりんせん)、アトピー性皮膚炎、肥満などがある場合には発症率が高いことが報告され、 乾燥で悪化する傾向があります。

一般的な毛孔性苔癬(毛孔性角化症)の治療方法

  • 5%サリチル酸ワセリンを塗布(塗り薬)
  • ビタミンA軟膏を塗布(塗り薬)
  • 尿素軟膏を塗布(塗り薬)
  • ケミカルピーリング(古い角質を除去する)
  • レーザー治療

毛孔性苔癬(毛孔性角化症)におすめの商品

確かにレーザー治療だと根本的な解決ができるかもしれませんが、


「失敗したらどうしよう…」

「専門のクリニックとかって高そう…」

「とりあえずもっと手軽に治療できる方法はないのかしら…」


そんな方もおられると思います。

そんな方にはこれがおすすめです

→→ オルビスのぶつぶつ対策の商品

→→ 毛孔性苔癬におすすめの食品

毛孔性苔癬関連情報